• Home
  • Archive by category "アピール"

宅配業者では集荷サービスをのぼりでアピール

のぼり旗は、様々な分野でのアピール方法があり非常に便利なツールです。
宅配業者では、集荷サービスを行い利用者の負担の軽減も行っています。

ただし、普段から宅配業者を利用していない方は持ち込み以外の発送方法について
知らない状態になるため、思ったように収益も伸びないでしょう。

利益を伸ばしたいときには、のぼりを使って集荷サービスをアピールして
見ることをおすすめします。

宅配業者

宅配業者の営業所にのぼりを設置することで、集荷サービスについて
認知してもらえるようになってきます。

実際に宅配業者を利用される方だけではなく、営業所付近を通行される方も
のぼりを見ることでこのサービスについて知ることができ、気軽に利用して
もらえるようになるのです。

宅配業者だけでなく、個人で運営されているレストランであったり、
お菓子屋さんであったり、あるいは薬局やスーパーなどにも同様に
活用することができます。

のぼりを設置するときには、サービスの特徴を一目で判断できるためにも、
大きな文字でプリントを行うとよいですし、営業所だけではなく提携して
いるお店にも、のぼりを設置してもらえるように働きかけることで、人の目に
触れる機会も増え利益を増やすことが可能になってきます。

このように、のぼり旗を活かせるポイントはたくさんあります。

のぼりの素材にポンジーが使われる理由

のぼりに素材がある?そう思われた方がもしかしたら、いるかもしれません。
確かに、消費者としてのぼりを目にする際には、素材なんかに気を止めないでしょう。

のぼりには、のぼりならではの素材があります。
のぼりでは、”ポンジー”と呼ばれるポリエステル素材が主流です。

薄くて柔らかい素材で、屋外で使用するのぼりの特徴を生かすため、風になびきやすい
素材になっています。

しかし、薄くて柔らかい分、耐久性があるとはいえません。
安価に製作できるため、看板などと違い、作り直しが必要なのぼりでは、今もこの素材が主流です。

現在では、ポンジーよりやや耐久性のある”トロピカル”などと呼ばれる素材も出ています。
とはいえ、格段に耐久性が増す、というものでもありません。

のぼり素材

やはりのぼりは屋外で使うもの。 そして、毎日室内にしまう、というものでもありません。
だからこそ、消耗品と考えてください。

でもそう考えると、定期的に更新するものとして考えることができます。
となると、イベントや季節に合わせて作り直したり新しくしたり。普段見慣れてしまっては、
広告効果も薄れてしまいます。

定期的にデザインや置き方を変えてみる。のぼりは販促ツールの一つであることを見直してみましょう。

毎日歩いてる道に同じのぼりがずっとあったとしてもなかなか目につきません。
最低でもシーズンごとに変化する。それだけで、お客様には新鮮に感じてもらえます。

手指消毒のお願いはのぼり旗で

店舗や会社に外から入ってくる場合には、手指消毒がマナーとなっています。消毒剤が置かれていることが多くなっていますが、こういったことを徹底させるためには、一言添えると効果的です。

スタッフが声をかけることもありますが、いつも入り口付近に常駐していることも難しいことです。

スタッフの配置

販促ツールにのぼり旗があります。こののぼり旗は、多くの人達の目にとまりやすいため、効果があります。

手指の消毒をお願いする旨を記すことで、人々が必ずその場所で手指を消毒しなけらばならないといった気持ちにさせられます。

スタッフが声をかける必要がなく、のぼり旗を置いておくことで手指消毒が徹底するようになりますので、コロナ対策のために大いに効果が期待できます。

のぼり旗依頼の際には、こういったことを専門にしている専門店が多くありますので、あらかじめ実績例をチェックし、依頼する店舗や会社の雰囲気に合ったものを作成してくれるようなところを選びます。

来店する人達に失礼にならないように注意しながら、手指を消毒してもらえるよう、丁寧な文章で依頼をするようにします。

のぼり旗の専門店とよく相談をし、設置場所の広さや雰囲気に合うようなものを依頼することが大切です。

コロナ対策にはのぼり旗を活用する

コロナ感染予防のためには、人と人とがあまり接触しないように気をつけることが大切になっています。

従来社員や店員が近寄って説明すべきところを、説明文等を使って理解してもらう努力も必要です。

手指を消毒することが効果があるため、どの店舗や会社でも入り口にはこういった消毒剤が置かれています。

これを使用してもらうためには、黙っておいておくだけではなく、そこに注意がいくような努力も必要です。

のぼり旗にはそういったことを促す効果があります。販促商品として利用されることが多いツールですが、コロナ対策のためにも活用することができます。

のぼりで呼びかけ

会社や店舗の入り口にのぼり旗を置き、そこに手指の消毒をしてもらえるよう記すことで、多くの人達が消毒剤を使用する気持ちになります。

のぼり旗は人の目につきやすく、人の意識を向かせる効果がありますので、この旗に伝えたいことをわかりやすく記すようにします。

入ってくる人達が気持ちよく手指の消毒ができて、コロナ感染予防になるよう、効果的な旗を作成することが大切です。

設置場所に向いた大きさやデザインを考え、注意をひけるような色づかいなどについても意識しながら依頼します。

経験と実績の豊富な専門店に依頼するとうまくいきます。

のぼり旗は近くで訴求できる広告です

スーパーなどのようなお店では、陳列している商品の近くに設置して
雑貨屋さんではショーケースの上、クリニックなどでは受付を行う場所に
設置してあるカウンターの上など、ちょっとしたスペースに置くことができるのが
ミニのぼり旗の特徴です。

一般的なのぼり旗は遠くからでも旗に記載してあることを
訴求できるメリットがありますが、机の上など限られたスペースに置くものは
近くでお客さんに購入意欲を高めさせるなどの役割を持ちます。

購入に繋げる

道路沿いに設置する場合はこの先にはどのようなお店があるのかを
伝える目的、お店先に置くものはこのお店がどのような店舗であるのか、
今現在の目玉はどのようなものであるのか、目の前に見えるお店のことを
伝える目的などそれぞれの役割があります。

ミニのぼり旗は、来店してくれたお客さんに何らかの訴求を与えるもので
食事中のお客さんに対して旬のフルーツを使ったデザートがあることを伝えたり、
キャンペーン情報を伝えて次回の来店へのチャンスに繋げる
もしくは現在のキャンペーン情報をミニのぼり旗で宣伝することで
来店と同時に他のサービスを利用して貰う、もしく買い物や
食事をして貰うなどを可能にしてくれます。

邪魔にならない大きさでフルカラー印刷も可能

屋外で使われているのぼり旗は、600×1,800mmが
標準的な大きさといわれており、のぼり旗のポールは
1.6m~3mの伸縮可能なタイプが使われることが多いようです。

道路沿いなどにこのような大きさの旗が何本も設置が
行われている場合、車の運転をしている人にも訴求ができる
メリットがありますし、旗素材により両面に異なる内容を
印刷することができるものもあるので、表面と裏面に
異なる印刷を施して1本おきにそれぞれの旗を取り付けておけば
1度に2つ以上の宣伝ができるメリットもあるわけです。

一般的なのぼり旗はフルカラー印刷ができるので
写真を掲載したいときにも活用ができますし、テーブルの上などに置いて使う
ミニのぼり旗もフルカラー印刷ができるため、広告の一部に
写真を使いたいときに便利です。

卓上サイズののぼり

テーブルの上などに置いて使うのぼり旗は、ミニサイズではあるけれども
旗の幅は9・12・15センチで、縦方向のサイズが28・36・45センチと
置く場所に応じてサイズを選んでおけば、食事を楽しむお客さんの
邪魔になりにくいわけです。

なお、9×28センチのミニのぼり旗は、飲食店のテーブルの上に
置いておいても邪魔になることがない大きさ、各テーブルに置いておけば
訴求効果も高めることができます。

商店街の100円市をのぼりでアピール

近年、昔ながらの商店街などは姿を消して、
閑散とした雰囲気の漂うエリアがあります。

その原因は一概にはいえませんが、都市部などには集中して
様々な施設が集まってできた複合施設等が充実している事も
一つの要因になっています。

大きい施設

このような時にこそ、地方の商店街などのあり方を
工夫しなければ、近代的な総合アミューズメント施設等に
大半のお客様が流れてしまうという事態も考えられます。

そこで、地元の商店街では様々な取り組みを通して、また、
【のぼり】などの商材を使った宣伝などで、商店街の活性化に
力を入れています。

商店街の活性化

例えば、100円市などのイベントを取り入れています。
このイベントをアピールするために、広告を出す必要がありますが、
その時に活躍が期待できるアイテムが【のぼり】です。

のぼりに、100円市の宣伝の事を記入しておくと、
道行く人の目に留まり、お客様が増える事が期待できます。

のぼりは風にふかれて揺れているので、その姿も視覚的に
注目できるアイテムになります。

のぼり旗にキャッチコピーを入れるメリット

のぼり旗は屋外に設置する宣伝ツールとして、多くの集客が望めるものです。

遠くからでも目立つことから、こののぼり旗に
キャッチコピーを入れることで
大きなメリットを得ることになります。

のぼり旗を手に入れる

のぼり旗の目的は集客なので、例えばお店の特徴や
キャンペーンなどを印刷することで、ひと目で
分かるようになります。

お店が少し奥まったところにある場合、
通りからはなかなか分からないものです。
呼び込みをするにも人件費が必要となりますが、
のぼり旗を立てておくだけで十分に
お店の存在を知らせることになります。

そしてそのお店の宣伝となるキャッチコピーを
載せておくことで、通りすがりの人の注意を
引くことができるようになります。

のぼり旗の制作も通販業者を利用することで、
安く済ませることができます。
このコストパフォーマンスの良さが
メリットとなるわけです。

コストパフォーマンス

さらに季節ごとに内容が変わるのであれば、
その都度新しくのぼり旗を作ることで、
毎回新たな宣伝をすることができます。

定期的にその宣伝内容を変えることで、
常に注目されるというメリットが生まれます。

飲食店ならば季節ごとにお勧めのメニューも変わるので、
のぼり旗を上手く活用すれば新しいメニューの宣伝を
行えるメリットを享受できます。

制作費用もさほどかからないので、定期的に
新しいのぼり旗を立てることで
真新しさを感じさせることもできます。

常に新しいお客を獲得することにもつながるので、
大きなメリットとなることがわかります。