• Home
  • タグ: のぼり

宅配業者では集荷サービスをのぼりでアピール

のぼり旗は、様々な分野でのアピール方法があり非常に便利なツールです。
宅配業者では、集荷サービスを行い利用者の負担の軽減も行っています。

ただし、普段から宅配業者を利用していない方は持ち込み以外の発送方法について
知らない状態になるため、思ったように収益も伸びないでしょう。

利益を伸ばしたいときには、のぼりを使って集荷サービスをアピールして
見ることをおすすめします。

宅配業者

宅配業者の営業所にのぼりを設置することで、集荷サービスについて
認知してもらえるようになってきます。

実際に宅配業者を利用される方だけではなく、営業所付近を通行される方も
のぼりを見ることでこのサービスについて知ることができ、気軽に利用して
もらえるようになるのです。

宅配業者だけでなく、個人で運営されているレストランであったり、
お菓子屋さんであったり、あるいは薬局やスーパーなどにも同様に
活用することができます。

のぼりを設置するときには、サービスの特徴を一目で判断できるためにも、
大きな文字でプリントを行うとよいですし、営業所だけではなく提携して
いるお店にも、のぼりを設置してもらえるように働きかけることで、人の目に
触れる機会も増え利益を増やすことが可能になってきます。

このように、のぼり旗を活かせるポイントはたくさんあります。

のぼりの素材にポンジーが使われる理由

のぼりに素材がある?そう思われた方がもしかしたら、いるかもしれません。
確かに、消費者としてのぼりを目にする際には、素材なんかに気を止めないでしょう。

のぼりには、のぼりならではの素材があります。
のぼりでは、”ポンジー”と呼ばれるポリエステル素材が主流です。

薄くて柔らかい素材で、屋外で使用するのぼりの特徴を生かすため、風になびきやすい
素材になっています。

しかし、薄くて柔らかい分、耐久性があるとはいえません。
安価に製作できるため、看板などと違い、作り直しが必要なのぼりでは、今もこの素材が主流です。

現在では、ポンジーよりやや耐久性のある”トロピカル”などと呼ばれる素材も出ています。
とはいえ、格段に耐久性が増す、というものでもありません。

のぼり素材

やはりのぼりは屋外で使うもの。 そして、毎日室内にしまう、というものでもありません。
だからこそ、消耗品と考えてください。

でもそう考えると、定期的に更新するものとして考えることができます。
となると、イベントや季節に合わせて作り直したり新しくしたり。普段見慣れてしまっては、
広告効果も薄れてしまいます。

定期的にデザインや置き方を変えてみる。のぼりは販促ツールの一つであることを見直してみましょう。

毎日歩いてる道に同じのぼりがずっとあったとしてもなかなか目につきません。
最低でもシーズンごとに変化する。それだけで、お客様には新鮮に感じてもらえます。

のぼり旗は近くで訴求できる広告です

スーパーなどのようなお店では、陳列している商品の近くに設置して
雑貨屋さんではショーケースの上、クリニックなどでは受付を行う場所に
設置してあるカウンターの上など、ちょっとしたスペースに置くことができるのが
ミニのぼり旗の特徴です。

一般的なのぼり旗は遠くからでも旗に記載してあることを
訴求できるメリットがありますが、机の上など限られたスペースに置くものは
近くでお客さんに購入意欲を高めさせるなどの役割を持ちます。

購入に繋げる

道路沿いに設置する場合はこの先にはどのようなお店があるのかを
伝える目的、お店先に置くものはこのお店がどのような店舗であるのか、
今現在の目玉はどのようなものであるのか、目の前に見えるお店のことを
伝える目的などそれぞれの役割があります。

ミニのぼり旗は、来店してくれたお客さんに何らかの訴求を与えるもので
食事中のお客さんに対して旬のフルーツを使ったデザートがあることを伝えたり、
キャンペーン情報を伝えて次回の来店へのチャンスに繋げる
もしくは現在のキャンペーン情報をミニのぼり旗で宣伝することで
来店と同時に他のサービスを利用して貰う、もしく買い物や
食事をして貰うなどを可能にしてくれます。

邪魔にならない大きさでフルカラー印刷も可能

屋外で使われているのぼり旗は、600×1,800mmが
標準的な大きさといわれており、のぼり旗のポールは
1.6m~3mの伸縮可能なタイプが使われることが多いようです。

道路沿いなどにこのような大きさの旗が何本も設置が
行われている場合、車の運転をしている人にも訴求ができる
メリットがありますし、旗素材により両面に異なる内容を
印刷することができるものもあるので、表面と裏面に
異なる印刷を施して1本おきにそれぞれの旗を取り付けておけば
1度に2つ以上の宣伝ができるメリットもあるわけです。

一般的なのぼり旗はフルカラー印刷ができるので
写真を掲載したいときにも活用ができますし、テーブルの上などに置いて使う
ミニのぼり旗もフルカラー印刷ができるため、広告の一部に
写真を使いたいときに便利です。

卓上サイズののぼり

テーブルの上などに置いて使うのぼり旗は、ミニサイズではあるけれども
旗の幅は9・12・15センチで、縦方向のサイズが28・36・45センチと
置く場所に応じてサイズを選んでおけば、食事を楽しむお客さんの
邪魔になりにくいわけです。

なお、9×28センチのミニのぼり旗は、飲食店のテーブルの上に
置いておいても邪魔になることがない大きさ、各テーブルに置いておけば
訴求効果も高めることができます。

のぼりの洗濯のしかた

まず、のぼりを洗濯しようと思った場合は、
他のものと一緒に洗ってはいけません。

洗濯方法

当然のことですが、のぼりを他のものと一緒に洗ってしまうと
生地と生地が擦れて痛んでしまったり、他のものへ
色移りしてしまうからです。※展示販売を報せるのぼり旗のアピール

いざ洗濯するときに使う洗剤の種類は、
一般の家庭用の洗剤で洗ってはいけません。
一般家庭用の洗剤は、弱アルカリ性のものが
ほとんどだからです。

アルカリ性の洗剤は汚れがよく落ちるのですが、
必要以上の洗浄は生地に大きなダメージを
与えてしまいます。

従って、のぼりを洗う際に使用する洗剤は
中性洗剤が好ましいです。

また、洗濯する前に汚れのひどい部分は、
あらかじめ手洗いで軽く擦って汚れを落としておくと
手洗いをしない場合よりも、仕上がりがきれいに見えます。

汚れを落とす

のぼりの素材はいろいろ

のぼりの素材は用途によって、いろいろと
使い分けることができます。
選挙活動でののぼり旗の中でよく使われているのはポンジという
繊素材です。しなやかでインクの裏抜けのよい
薄手の生地です。

裏抜けが良い

金巾という素材は、薄手のコットン生地で
和の風合いを演出してくれます。

射光スエードはカーテンなどでも使用され、
遮光シートが挟み込んであるために
両面印刷が可能になっております。

トロピカルはポンジをやや厚くして、白生地に
光沢感があります。

トロマットはトロピカルをさらに厚くしたもので、
トロピカルと比較するとコシがあり
しっかりとしています。

トロマット

超撥水UVカットツイルは紫外線を通さない生地で、
色あせがしにくいという特徴があります。

天竺木綿は和のイメージを出したいときに、カツラギは
綿の厚くて丈夫な綾織生地で生地がしっかりしているので
大型のものにむいております。

それぞれの特徴を生かして
のぼりに活用することができます。

のぼりの立て方と見た目

のぼりはお客を引き寄せるために大切なものです。
とにかく目立つような立て方にすることが
のぼりを生かすためにとても大切です。

まずは、のぼりはいろいろなタイプのものを
作ることができますが、ばらばらに違う種類の
のぼりを立てるよりも、同じのぼりを立てるほうが
統一感があり、見栄えもとてもよくなります。のぼり旗買うならのぼり旗通販.comの京都のれんへ

見栄えが良い

のぼりの種類が違ったとしても、色を統一する
ことによって、統一感の中にもバリエーションを
豊かにすることができるので、お勧めです。

おなじデザインで色違いの組み合わせをすると、
華やかな雰囲気を演出することができます。

華やかな雰囲気

色の組み合わせによっても見た目もかなり
変わってきます。

キャンペーン中などは、違う色のものを
立てることによって、注目を集めることができます。

のぼり旗で整骨院を探す

どこかへ行く時に、とても有名なお店などであれば
どれほど分かりづらい場所にあっても、道端で人に聞くことで
何とか場所を見つける事も出来ますが、そうでない場合には
難しいという事があるものです。

例えば口コミサイトなどで見つけた腕の良い整骨院に
行こうと思っていても、地元であまり知られていない
ものだとすれば、道で出会った人に尋ねても
分からないという事になってしまいます。

道に迷う

しかしのぼりなどがあれば、遠くからでも見つける事が
出来るので、道に迷う事もありません。お勧めのぼり旗ドットネット

分かれ道などの時にも、のぼりは目立つ為に
間違う事無くたどり着けます。

のぼりの効果というのは思っているよりも絶大なものであり、
単なる看板などの色を変に目立つ色に変えたりするような事よりも効果があるのです。

たどり着く

施設の建設予定地に施設案内ののぼりを立てる

空地などの工事が始まると、ここに何の施設ができるのだろう?
と知りたかったり、楽しみにしている人が多く、
興味を持ってみている人がたくさんいます。

工事が始まる前や工事中の建設予定地に施設案内を
書いたのぼりを立てると、何が出来上がるのかが分かり、
立つまでの工程に興味を持つ人もいます。

工事中の案内

出来上がりを楽しみする間に、施設案内ののぼりを
読んでいると施設への興味が高まったり、ここに
何ができるかが話題になったりすることも多く
効果的です。

のぼりがあることで、通るたびに
施設のことを考え、何度も繰り返すので
頭にインプットされ、出来上がった時に
行ってみたい、行ってみようという
気持ちにさせる効果もあります。

楽しみ

のぼりには、施設の名前や概要はもちろんですが、
出来上がりの時期や、注目してほしい商品やサービス、
店舗の名前などいろいろな情報を書くことで、通りかかる人たちに
広く伝えることができるので、アピール力があり、おすすめです。

商店街の100円市をのぼりでアピール

近年、昔ながらの商店街などは姿を消して、
閑散とした雰囲気の漂うエリアがあります。

その原因は一概にはいえませんが、都市部などには集中して
様々な施設が集まってできた複合施設等が充実している事も
一つの要因になっています。

大きい施設

このような時にこそ、地方の商店街などのあり方を
工夫しなければ、近代的な総合アミューズメント施設等に
大半のお客様が流れてしまうという事態も考えられます。

そこで、地元の商店街では様々な取り組みを通して、また、
【のぼり】などの商材を使った宣伝などで、商店街の活性化に
力を入れています。

商店街の活性化

例えば、100円市などのイベントを取り入れています。
このイベントをアピールするために、広告を出す必要がありますが、
その時に活躍が期待できるアイテムが【のぼり】です。

のぼりに、100円市の宣伝の事を記入しておくと、
道行く人の目に留まり、お客様が増える事が期待できます。

のぼりは風にふかれて揺れているので、その姿も視覚的に
注目できるアイテムになります。